TEL:0836-32-1521

山口県宇部市寿町1-3-33

メールでのお問い合わせはこちら
24時間ネット受付

宇部市・内科・循環器科・呼吸器科・生活習慣病・禁煙外来・藤野内科

循環器疾患

HOME»  循環器疾患

循環器科とは

患者さんの症状には、動脈硬化による心筋梗塞などや、普段の生活の中から不安的要素が生じ、それが精神的な症状に表れるなど、幅広くございます。
その為、循環器科では、問診による診断や循環器的な検査を行い、循環器による疾患、症状の有無について患者さんに分かりやすくご説明し、納得していただいた上で治療、診察を進めていくよう取り組んでおります。
また、診察の結果で一刻を争う場合もあるため、迅速に心エコーや負荷心電図などの検査を行い、迅速な処置を行います。 主に高血圧・高脂血症・狭心症・心筋梗塞・心不全・不整脈・動脈硬化・大動脈瘤などの診断・管理・治療を行っております。

循環器科の症状

動悸、息切れ・呼吸困難、チアノ─ゼ、胸の痛み、胸の圧迫感、背部痛、めまい(非回転性、失神性めまい)、立ちくらみ、むくみ、失神、意識消失発作、心臓突然死、間欠性跛行、急激な四肢痛、など

循環器の主な病名

脳卒中、高血圧症、不整脈、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)などがあります。

脳卒中

脳卒中とは、脳の血管が、破裂して起こる「脳出血」と脳の血管が、詰まって起こる「脳梗塞」の二つを総称して、「脳卒中」と呼んでいます。
脳卒中が原因で脳の組織が傷つけられると、意識がなくなったり、言葉が話せなくなったり、手足がしびれるなどの症状が出ます。

高血圧症

高血圧症とは、血液を送り出すときの圧力が高い状態のことです。
血管に加わる圧力が高いということは、それだけ血管が傷つきやすくなります。
高血圧症は、脳や心臓など重要な臓器の血管が傷つけ、生命にかかわる重大な病気の原因となることがあります。
現在治療中の患者数は約 700 万人、未治療の人を含めると約 3000 万人いるといわれています。
くり返しの測定で最高血圧が140mmHg以上、又は最低血圧が90mmHg以上であれば、高血圧と診断されます。

不整脈

異常に速い脈(頻脈)や遅い脈(徐脈)と不整脈とは脈の打ち方がおかしくなることを意味しています。
脈が急に遅くなったり、速くなったり、めまいや立ちくらみに襲われるなどの症状があります。

虚血性心疾患(狭心症)
狭心症では発作的な胸痛が起こるのが特徴です。
狭心症の主症状としては前胸部、背部、から左肩、左腕にかけて、痛み、不快感、重圧感のような感じが2~3分以内生じます。
また、胸が圧迫されるような感じで、また胸がしめつけられるような感じがします。
狭心症の原因と呼ばれる症状は高脂血症と呼ばれる中性脂肪やコレステロールの増加以外に、高血圧、糖尿病もあげられます。
さらに、喫煙や肥満も狭心症の原因と言われています。
まずは、原因とされる生活習慣病を予防する事が狭心症の予防と言えるのです。
虚血性心疾患(心筋梗塞)
心筋梗塞は50代~60代の年配者に最も発症率が高く、狭心症が更に進行して心筋が壊死した状態を心筋梗塞といいます。
心筋梗塞は、冠動脈の内側にコレステロールなどが沈着する動脈硬化や血栓による狭窄・閉塞などが原因となり、血流が止まり心筋細胞が壊死を起こします。
一般的治療として数日間は安静に保ち、絶食・安定薬の投与・鎮痛薬・酸素吸入が必要です。継続的に心電図での監視をします。
PageTop